まとめ

【おすすめ】富山県の子供向けプログラミングスクール5選

まとめ

皆さんこんにちは!

今回は富山県にある子供向けプログラミングスクールについて、それぞれの特徴やおすすめポイントなどをまとめていこうと思います。

かくいう私も子供向けプログラミングスクールを実際に運営し、様々な機材にも触れていたのでこのへんの分野に関してはかなり詳しいです(/・ω・)/

それでは見ていきましょう!

クレファス富山校

Crefus(クレファス)富山校 | 小学生から学ぶロボットプログラミング教室
対象年齢 年長~
月謝 約10,000円~16,000円
住所 富山県富山市元町1丁目6番30号

 

 

 

クレファス最大の特徴は、使用教材にLEGOマインドストームEV3を使用していることです。LEGOマインドストームはLEGO社とMIT(マサチューセッツ工科大学)の共同開発により生まれたロボットキットで世界で最も普及している教材の1つです。

※他のロボットスクールは自社オリジナルのキットを使うところが多いです。

世界でもかなり人気があることから分かるように、ロボットキットは低学年用25,000円、高学年用70,000円ほどと結構高めです((+_+))

※低学年に関してはWeDo2.0というEV3の廉価版を使用します。性能などに関しては少し落ちますが、正直これだけでもかなりのクオリティです。

ソフトは無料なのでロボットを買えばだれでもすぐにプログラミング学習を開始できるというのもいいところです。また、

普及率が高い⇒性能が良いと認められている証。またWROやFLLといったロボットプログラミングの世界最大規模の大会やコンテストも用意されている。

もちろん日本や地方でも多くの大会やイベントが開かれています。

・WRO(ワールド・ロボット・オリンピアド)

WRO Japan 公式サイト - 小中高校生のロボットコンテスト

・FLL(ファースト・レゴ・リーグ)

NPO法人青少年科学技術振興会 – 日本の科学技術の振興、学術・文化の振興、子どもの健全育成をサポートしていきます

つまり、ただプログラミングを学ぶだけでなくそれをアウトプットするフィールドも数多く用意されているということです。

クレファスではこのキットを用いて授業を行うため、内容もロボットとプログラミングを本格的に学びたい人向けといった印象があります。

本気でロボットプログラミングに取り組みたいという方にはお勧めです。

ロボ団高岡校

子どものためのロボットプログラミング教室 ロボ団
小学生を中心としたロボット制作とプログラミング教室です。日本全国100教室以上、海外でも展開中!体験会・ご見学は随時受付中!
対象年齢 小学校1年生~
月謝 約14,000円
住所 高岡市本丸町13-10(メリースマイルカフェ)

こちらもクレファスと同じくLEGOマインドストームEV3を使用するプログラミング教室です。

全国的にみるとこの「クレファス」と「ロボ団」がEV3を使う老舗の二大巨頭といったイメージです(笑)

月謝に関してもやはりクレファスと同じぐらいで、平均的に見れば高い部類に入ります。

こちらもロボットプログラミングを本格的に学びたい方に向いています。クレファスとの違いを上げるならば

①授業時間 ②EV3がメイン ③競技性重視

といったところでしょうか。詳しく見てみましょう。

①授業時間

例えばクレファスでは90分の授業が毎週1回行われ、月で見ると90×4で360分の授業時間になります。しかしロボ団では1回の授業は180分に設定されています。

しかし授業は2週間に1回なので180×2で360分と総合的な時間に差はありません。この辺はこどもの集中力が重要になってきます。

長い時間、難しい課題と向き合える子、またそのようになってほしいという希望を込めるならありな選択肢だと思います。もちろん送り迎えに関しては回数が減る分、クレファスより楽かもしれませんね(/・ω・)/

②EV3がメイン

ロボ団ではクレファスにあったWeDo2.0を採用していません。つまり入会すれば学年関係なく全員EV3からのスタートです。初めから高度な内容に挑戦してみたいという方にはお勧めです。

 

③競技性重視

これは運営本部の方向性の違いですね。先ほど説明したロボットの競技会であるWROのスポンサーをロボ団は務めています。一方でクレファスはコンテスト主体のFLLのスポンサーです。

つまりロボ団は方向性としてロボットプログラミングのレベルを競う競技性、クレファスは自分のアイデアで世に役立つロボットを作ってみるなど創造性に重視を置いたというようなカリキュラムです。

 

このように同じキットではあるものの教室の色として若干の違いがあります。

正直この2つにはあまり大きな差は無いので両方体験に行ってみて好きな教室を選ぶといった感じで大丈夫だと思います。

クレファスとロボ団は費用は高いが本格的!と覚えておきましょう( ..)φメモメモ

ヒューマンアカデミー

#
#
対象年齢 年中~
月謝 約10,000円
住所 富山県に複数

ヒューマンアカデミーは全国に1500店展開しているということで富山県にも複数の教室があります。※富山市、高岡市、砺波市など

使用教材は自社のオリジナル教材を使用します。

大きな特徴としては「ロボットコース」「プログラミングコース」「ロボットプログラミングコース」などコースが複数あることです。

クレファスやロボ団であれば「ロボットプログラミング」だけでしたが、ヒューマンアカデミーではロボットをより重点的に学びたい人、プログラミングを重点的に学びたい人など、コースを選択することでより興味のある部分に特化して、学習をすることが可能です。

また月謝に関しても10,000円ほどと先ほどの2つに比べると少し低めです。しかし、月に90分×2回、計180分の授業のためコスパという面で見ればそれほど良くはないかもしれません。

まずは興味のある分野でお手軽に学びたいという方に向いています。そこで興味を持ちもっとやってみたい!となった場合に、先ほど挙げた2校のような本格的なスクールに変えてみるのもありだと思います。

市民パソコン塾

富山北校 | 富山 富山市 の初心者向けパソコン教室の市民パソコン塾
初心者向けパソコン教室市民パソコン塾富山 富山市 富山北校 のページです。全国約200教室からお近くの教室を探していただけます。全教室で無料体験受付中です!詳細はお近くの教室のページをご確認ください。
対象年齢 小学生~
月謝 5,000円~13,000円
住所 富山市鍋田、高岡市井口本江

市民パソコン塾は富山市と高岡市の計2つの教室が県内にあります。週1回コースから週3回コースまで選べたりと本人の希望によって受講回数を変えることができるので月謝も幅があります。

特徴としてはフリーソフトであるスクラッチを使った学習であることです。ロボットを使わないので教材費がテキスト費のみと、先にあげた3つのスクールに比べて格段に始める敷居が低いです。

そしてスクラッチも無料ソフトと言って舐めてはいけません。もちろんゲームなども作れますし、小学校のプログラミング教育必修化においては最も使われているソフト、教材です。

またロボットと違いパソコンさえあればプログラミングを楽しめるので、家庭など場所を選ばずに予習、復習などが可能です。

しかし、実際にプログラミング教育に携わってきた私からすると、最も飽きられやすい教材の1つでもあります(笑)ロボットなど形に見えて動いたりするものがないので、子供の好奇心はそれほど満たされないのかも((+_+))

実際プログラミングは何かを動かすためのものです。

機械やロボットを動かすための手段なわけなので、やはり究極的にはプログラミングのソフトウェアの設計、機械やロボットなどのハードウェアの設計の2つが混ざり合うことが、モノづくりの楽しさ、醍醐味だと思います。

なのでどちらかというと市民パソコン塾も手軽に始めて、次へのステップアップにつなげるというのが正しいのかもしれません。もちろんスクラッチだけでも十分に学べます(; ・`д・´)

アーテック 自考力キッズ

パズル×ロボット×プログラミング教室 | アーテック自考力キッズ
アーテック自考力キッズは低学年(6~8歳)からはじめられるパズル、ロボット、プログラミング教室です。パズル、ロボット、プログラミングの3つが一緒に学習できるのはアーテック自考力キッズだけ!
対象年齢 年長以上
月謝 10,000円
住所 富山市千原崎、高岡市末広町、魚津市駅前新町

最後の5つ目がアーテックです。アーテックの最大の特徴はロボット、プログラミングに合わせてさらにパズルという3つの軸を組み合わせて授業を行っています。

また元々が、知育玩具などの教材会社ということもあり初期費用の教材費は40,000円ほどと、EV3などと比べると若干安めです。

最大の特徴は先ほども話したパズルという他にはない要素が加わっていること、また低学年をターゲットにした教室であるということです。カリキュラムは2年で、さらに上級コースとしてエジソンアカデミーという本格的なコースが用意されています。

これは教育に携わってきた私からの視点ですが、基本的に低学年向けなどターゲットを絞っている教室はそれに合わせて優しい先生が指導をしているので子供が楽しめる割合が高いですw

低学年ということもあり、まずは楽しんでもらう、そのうえでプログラミングに興味を持ってもらうというような方針ですね。そのため途中退会のリスクなども比較的低めです。

せっかく教材を買ったのに子供が行きたがらない((+_+))なんてことは割と防げるのかなと。

低学年においてはプログラミングスキルよりもパズルなどを含めたクリエイティブ性、柔軟性を育てることが大事な時期なのでこのようなアプローチから始めてみるのも結構おすすめです。

2年のカリキュラムを受け、論理的思考力、創造性を身に着けた後、本格的にプログラミングを学びたければ上級コースのエジソンアカデミーに入ってみるという感じですね。

まとめ

このように富山県だけでもたくさんのプログラミングスクールがあります。

今回は特徴的かつ王道系のスクールを紹介しただけなので、調べれば個人で教えている人なども含めかなりの数の教室があります。

最終的に言いたいことは「とりあえず気になったら行ってみよう!」ということです(笑)

「プログラミングって難しそう。。」という意識から「うちの子供にできるのかしら。。」と不安になり躊躇されている親御さんはまだまだ多いです。

しかし最初はだれでも素人なので、できないことに関して教室側は全然気にしてません。むしろプログラミングを楽しんでくれればOKというのが正直なところです。

どんなことも初めは好奇心から始まるものですよ。

是非子供の無限の可能性を切り開いてあげてください!

それでは!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました